<2018年1月30日> リクルートライフスタイルは30日、店舗の業務支援ソリューションである〈Airレジ〉シリーズに3つの新しいサービスを追加し、今年春から順次、提供開始すると発表した。新しいサービスはシフト管理サービスの〈Airシフト〉、ホールとキッチンでの注文・配膳業務を支援するオーダーエントリーシステムの〈AirREGIハンディ〉、ビックデータとAIを駆使して飲食店経営の「改善の仕組み」を提供する〈Airメイト〉。3つのサービスとも有料で提供する予定だが、専用端末(キッチンプリンターなど)まで含めた詳しい料金体系などはまだ検討中で、当面は非公開。
〈Airシフト〉は物販・飲食の店舗で汎用的に使えるサービスで、店長など管理職の大きな負担になっていたシフト作成業務を支援する。最も大きな特徴は、シフト管理者と店舗スタッフがチャット機能でやりとりし、その結果が自動的にシフト表に反映されること。この機能は業界初で、将来的には、LINEとの連携も視野に置くという。
〈AirREGIハンディ〉〈Airメイト〉はともに飲食店向けに特化して開発された。特に〈AirREGIハンディ〉は「飲食店の現場からの要望が最も大きかった」(大宮英紀・ネットビジネス本部グローバルソリューション事業ユニット ユニット長)サービスで、すでに複数の外食企業店舗で試験導入、検証が進んでいる。iPodTouchをハンディ端末として使い、注文入力や注文送信、会計連携などの機能を提供。iPadで表示できるホールスタッフ用のディスプレイを使えば、提供が遅れている注文が赤色で表示されるなど、手軽に配膳管理ができる。利用客の注文履歴を加味しておすすめメニューを表示する機能もある。こうした使い勝手のおかげで、「スタッフ4人で回していた現場を3人で回せるようになった」(山口順通・ネットビジネス本部Air事業ユニット ユニット長)といった成果が出ている。
〈Airメイト〉は特許出願中の経営アシスタントサービスで、「九州男児」「鳥放題」など居酒屋中心の店舗を全国に展開するダイニングファクトリー(栃木・宇都宮、人見洋二郎社長)の協力を得て、現場の意見を大幅に取り入れ、1年間ほどかけて開発された。「じゃらん」「HOT PEPPER」などでリクルートグループがこれまで蓄積してきたデータを使い、Googleと提携してGoogleのビックデータのテクノロジーを活用することによって、スピーディかつ手軽に、店舗別の経営状況を分析できる。ダイニングファクトリー取締役の青山剛General Managerは、〈Airメイト〉導入のメリットについて「一番は店長、スーパーバイザーなど現場スタッフの分析能力が向上したこと。感覚的な判断から脱皮し、数値に基づいて販促などの施策の成功、失敗の理由が理解できるようになった」と話している。
リクルートライフスタイルは、新しい3つのサービスを既存のPOSレジアプリ〈Airレジ〉や予約台帳〈レストランボード〉などと組み合わせて使い、各サービスから集まるデータを共有することで「より立体的な使い方ができる」(山口ユニット長)とする。また、〈Airレジ〉シリーズがアップルのiOSにのみ対応し、アンドロイド端末では使えない現状は当面は変更しないとした上で、「(iOS向けのみのサービス開発・提供は)サービス拡大のスピードを重視し、サービス相互を密に連携するために、戦略的に採用している方針だ」(大宮ユニット長)と説明している。