<2017年10月25日>日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、日本KFC)は10月25日から、スマートフォン(以下、スマホ)向け公式アプリに新たに「会員証」と「マイページ」の機能を追加する。日本KFCは12年4月からスマホ向け公式アプリの運用を開始し、17年10月にはダウンロード数800万を突破した。今回、追加した「会員証」機能は利用客が持つ「KFCカード」や「Pontaカード」の情報を公式アプリに連携して登録できる。登録すれば、KFC来店時に「会員証」画面のQRコードをレジで提示するだけで、各カードの情報が読み込まれ、「KFCカード」のチャージやチャージ金額からの商品購入、「Pontaカード」のポイント付与や利用が可能になるので、カードの携帯が不要になる。「会員証」画面のイメージ「マイページ」機能は「会員証」機能など利用客向けの情報を1画面にまとめたものだ。日本KFCでは、このリニューアルを記念して、18年2月28日までの期間限定で「来店スタンプラリー」キャンペーンを実施する。KFC店舗での商品購入時に「会員証」画面を提示すると、購入の翌日以降に公式アプリ内で来店スタンプが1つ付与され、来店スタンプの数に応じてクーポンが利用できる。SNSコミュニケーションツール「LINE」のKFC公式アカウントと「お友だち」になることで、「LINE」でも「会員証」を表示可能となり、スタンプラリーに参加できる。日本KFCでは、今回のリニューアルによって利用客の利便性が大きく向上する一方、「(従来のアプリ以上に)お客様1人ひとりの来店履歴、購買履歴が確実に把握できるようになるため、よりきめ細かいマーケティング施策が実施できる」と話している。